スマートフォンハードケース治具

スマホケースは機種種類もケース素材も豊富!

iPhone、アンドロイド系の種類!ケース素材もポリカ、TPU,ウレタン、、、何百種類ものハードケースがあります。それらのケース専用の治具を製作するとなると治具予算が高額になりプリントなんて出来なくなります。ジグメイクでは、今までその何百種類の治具を製作してきたノウハウでお客様の仕事内容に合わせた治具をお手伝いいたします。

 

 

 

ABS樹脂、アクリル、アルミで治具材料も様々

ジグメイクで製作してきたスマートフォンケース治具で、一番多く作ってきたのがアクリル材で作った治具です。もちろん、種類が多いスマホケースを安価で製作できるからです。経済的ですが、割れやすいのも特徴です。

そんな訳で、iPhoneケースは一定形状、プリント頻度が高いのでABS樹脂で治具を製作する。そして、プリント頻度が少ないケースはアクリルで製作する、その際も治具取付の事を考えて、ABS樹脂の上にアクリルを取り付ける形状をお勧めしています。

ジグメイクでは様々な問題を対策してきました

ケース印刷面ギリギリまでプリントしたいユーザーは、商材よりも少しデータを大きくめにデータを作りプリントします。しかしプリント面に定着しなかったインクは、ミストインク(霜のように薄いインク)になり隙間へと入り込み側面に付着してしまいます。そんな困った状況でも治具側面に軟質スポンジを巻き付けす専用の治具であれば問題も解決かもしれません。

側面に付着したミストインクなら、UVを浴びていないのでアルコールなどで拭き取りが簡単です。

 

 

製作実績

ミマキエンジニアリング社
UJF-3042
UJF-6042
UJF-7151
ローランドDG社
LEF-12
LEF-20、LEF-200
LEF-300

そのほかプリンタメーカー社製

関連商品

  1. 汎用ベース治具(ピン治具)

    汎用ベース治具をプリンター本体に取付固定。ピン穴が10mmピッチ(千鳥)で開いているので、必要な場所に付属のピンを立てればどんな形状の物にでも柔軟に対応できます。また付属のピン(φ6)を使えば、オプション治具の脱着が安易に行えます。

  2. くるっと装位置

    くるっと装位置は、印材などの小径に360度プリントする装置です。回転治具と違い並列縦列に並べることができるので量産でプリントするときには十分に対応ができます。

  3. バキューム治具装置

    紙、カードなどソリがある商材に便利なバキューム機能がある位置決め治具です。バキューム機能は位置を決めるのが大変ですが、この装置の天板プレートを取り換えるだけで、サイズ違いの商材も位置決めで面付ができます。 ※決められた商材サイズで天板プレートを製作します。

  4. 【依頼品】計数治具

    出荷ミスを無くす計数治具です。ネジなど小さな物を少量で出荷する際、人的ミスにより数量間違いがおこってしまいます。そんなお悩みミスを無くすために作られた計数治具です。

  5. スマートフォン手帳ケース治具

    手帳ケースの形も依頼により様々です。ハードケースが付いているもの付いていないもの、印刷面が浮いているとデザインがボケてしまったりするだけでなく、プリンタのヘッド擦れでインクが詰まってしまいます。

  6. 治具搬送装置(ジグオートチェンジャー)

    少しの時間、お昼の休みの休憩時間でも担当者は休めてプリンタは稼働させたいという声から製作された自動治具搬送装置です。マガジンパレットに色んな商材の治具を積んでおけば、自動で治具を交換し、次のプリントを始めます。省スペースのローダー・アンローダーです。

ページ上部へ戻る