,

ダッシアース

インク剥離対策には“脱脂が命”

インク剥離に悩むユーザーの80%が塗面の脱脂洗浄が十分にできていません。

インクの密着性を向上させるにはプライマーよりも脱脂方法の見直しが先決です!

関西モリッツの脱脂専用塗面洗浄剤「ダッシアース」ならスキルに頼らない最適な脱脂洗浄を実現し業務効率化のお手伝いをいたします。

 

※“ぬれ”とは…インクと被着材表面とが接触した瞬間に発生する現象のこと。

インクの接着強度は、印刷物の表面の状態によって決まります。
塗面の汚れはインクの“ぬれ”を妨げたり、インクと塗面との間で層になり、インクの接着力を弱めたり、
いろいろな問題を引き起こします。

印刷面の一般的な汚れは、剥離剤、水分、油、指紋、ほこり、バリカス等の物質で、印刷物の製造工程および保管中に
表面に付着します。

効果的な印刷を行うためには、印刷物の表面の微粒子を取り除くことが大切ですので、印刷直前にきちんと脱脂洗浄す
ることが必要となります。

 

アルコールならどれで脱脂しても同じ?

容易に入手できるこれからのアルコール(エタノール、メタノール)では素材表面の脱脂(特に皮脂)に関しては十分とは
言えません。
スマートフォンケースのように規格が異なる複数の素材を用いる場合には、拭き残しが発生したり、成型の金型から取りやすく
するために離型剤が塗布されています。離型剤が付着したままプリントしてもインクは剥がれてしまいます。そうならない様に脱脂剤で剥離剤を落とさなければなりませんが、これらのアルコールでは、付着した離型剤を剥がすのに苦労します。
また、成形、加工品には樹脂内部に応力が残留しているため、アルコールが接触するとクラック、クレージングといった、現象が起きやすくなります。拭き残しを作らないように、アルコールの吹き付けを繰り返したり、クロスで強く拭いたりすると、塗面を荒らして
しまうことにもつながり、これが十分な脱脂ができていない原因だといえます。

そこで

業界の固定概念を廃し
経験の浅いユーザーにも使いやすい
脱脂剤を造りました!

プライマー販売を通して気が付いた脱脂の重要性。

そして脱脂は常識という塗装業界の固定観念に縛られてしまっていた反省から、私どもジグメイクでは、多くのユーザーに
質の高い脱脂洗浄を容易に行っていただけるように、 そして自社のプライマーの性能を引き出していただけるよう、下処理と
しての脱脂洗浄用「ダッシアース」を開発ました。

「ダッシアース」はプラスチック素材の中でもスチロール樹脂のような耐溶剤性に対応し、素材の表面を侵すことなく使用で
きます。

さらに、静電気除去剤を配合することで、脱脂洗浄時の静電気によるゴミやホコリの付着も防止することで、下処理の際のも
うひとつの悩みにも配慮しました。

これにより経験の浅いユーザーにも、安定的な脱脂洗浄を可能にし、プライマーやインクの密着性が格段に改善しユーザーの
業務効率化を実現します。

 

関連商品

  1. ダッシクリアST

  2. トレッタガード

    トレッタガードは特殊添加剤を配合した常温硬化型のコーティング剤です。

  3. トレンナー4PP専用プライマー

    接着が困難な素材への付着性を向上させるトレンナー4のプライマーは、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)などの難接着に対応しており、下地処理用としてご利用いただけます。

  4. トレンナー1

    トレンナー1は、各種金属に対応した、耐久性及び付着性の良い下塗り用プライマーです。塗布(塗り)の仕方でUVプリンタにも対応。現在ご使用の従来品で密着せずお困りのときは一度お試しください。

  5. トレンナー5 のび〜る 伸びる素材(ゴム材)

    ゴムなど柔らかい素材へのプリントを実現するプライマー。このプライマーを塗ったゴム材を折り曲げても、プライマーがひび割れることなく、曲面に追従します。 ※シリコンは未対応です。

  6. トレンナー3ガラス・アクリル専用プライマー

    下地が残る部分塗装の際にもタック感を消し、手触りや指紋の付着の防止します。タック感がないのでプライマーとしてはもちろんトップコートとしても利用でき、塗膜をより強固に仕上げます。

ページ上部へ戻る