【依頼品】計数治具

プリンタだけでなく治具というカテゴリーの開発が

とある有名企業様から計数治具を製作して欲しいとご依頼がありました。

それがこんな感じで創ってくださいと手書き図画が送られてきました。枠には小さな物が入りレバーを引けば、先に流れていく仕組みの治具(器具)を製作という依頼です。

 

 

ジグメイクは切削だけでなく曲げ加工(板金)も製作はオールマイティーです

こんな依頼は、まずは第一試作から始めます。ラフ案から図面を作って、簡単な試作品を作ります。

物流現場で使われるという事なので、軽量化とレバー操作が重要で上手く小物を袋に流し込めるかがポイントでした。そして第一試作を作って、ほぼ完成に近い物が出来上がりました。

本製品は、一回り大きくする仕様変更と握り手を大きくする、そして軽量化でした。

関連商品

  1. アイプリントジグ スマートフォンケース側面印刷治具

    アイプリントジグは、

  2. ボールペン治具

    ボールペンの形状は様々、2色と4色で太さが違ったり、クリップの太さも違ってきます。製作の仕方で、一つのボールペン治具で御社が扱うボールペンが面付けできるかもしれません。

  3. くるっと装位置

    くるっと装位置は、印材などの小径に360度プリントする装置です。回転治具と違い並列縦列に並べることができるので量産でプリントするときには十分に対応ができます。

  4. ゴルフボール治具

    直径42.67ミリの球体ですが、ゴルフボール治具の形状は様々なあります。 プリント面は約φ20、ひっくり返せば反対面にもプリントができます。

  5. 汎用ベース治具(ピン治具)

    汎用ベース治具をプリンター本体に取付固定。ピン穴が10mmピッチ(千鳥)で開いているので、必要な場所に付属のピンを立てればどんな形状の物にでも柔軟に対応できます。また付属のピン(φ6)を使えば、オプション治具の脱着が安易に行えます。

  6. ボトル回転治具

    タンブラーやワインボトルなど円柱形状にプリントできる回転治具です。今まで上から下へのロゴ印刷が、全面にプリントが可能になります。

ページ上部へ戻る