えんぴつ治具

えんぴつ治具はスピーディーなオペレーションが要!

鉛筆は1本ではなくダース(12本)でプリントすると考え治具製作します。
鉛筆は何ダースプリントできるか、稼働率の勝負になる。いかに鉛筆を治具にたくさんセットできるのか?いかに治具を簡単にセットできるのか、治具次第で大きく稼働率が変わってきます。

 

えんぴつは前段取りも重要!

鉛筆の形状六角形の60度で切削した鉛筆形状の溝になっています。

無雑作に溝へ鉛筆を転がしても印刷面(平面)が上にくるのでプリント担当者も平行(高さ調整)が出ているか気にすることなく、えんぴつ治具をセットすることができます。

えんぴつ治具が2台あれば、プリント中に鉛筆を治具へセット、プリント終了と同時に治具を交換すれば稼働率、利益率アップ間違いなしです。

 

製作実績

ミマキエンジニアリング社
・UJF-3042
・UJF-6042
・UJF-6042MkⅡ

そのほかプリンタメーカー社製

関連商品

  1. スマートフォンハードケース治具

    種類が多いスマートフォンハードケース!側面にミストインクが付着しないような仕組みやコスト削減のため樹脂ベースにアクリルで位置決めするなど様々な治具を製作しています。

  2. くるっと装位置

    くるっと装位置は、印材などの小径に360度プリントする装置です。回転治具と違い並列縦列に並べることができるので量産でプリントするときには十分に対応ができます。

  3. 【依頼品】トレイガイダー

  4. ボールペン治具

    ボールペンの形状は様々、2色と4色で太さが違ったり、クリップの太さも違ってきます。製作の仕方で、一つのボールペン治具で御社が扱うボールペンが面付けできるかもしれません。

  5. アイプリントジグ スマートフォンケース側面印刷治具

    アイプリントジグは、

  6. スタンプ治具

    お名前はんこは幼稚園の入園には欠かせないアイテムになりました。1ブロックに何種類かのスタンプを並べてプリントします。印刷範囲に合わせてブロックを並べます。

ページ上部へ戻る