スマートフォン手帳ケース治具

手帳ケース治具はどんな種類もフラット!

ジグメイクでは、沢山の手帳ケース用の治具を製作してきました。しかし、どれもこれも特徴的な手帳ケースが送られてきます。フラットな手帳、ハードケースが取り付けられた手帳、何やらスライド具が取り付けられた手帳など、今も尚、初めてみる手帳ケースが製作用として送られてきます。

 

 

製作現場泣かせのプリント商材です

治具を製作する場合、プリント商材の実寸計測をし図面を作り、CADデータからCAMデータにする。そして現場担当者が治具を加工しています。だいたい図面の通りに仕上がってくるのですが。この手帳ケース治具は現場担当者が手帳ケースをフラットにするため時間をかけて微調整しています。

ジグメイクでは、手帳ケースをフラットにするため磁石を埋め込んだり、浮き上がるだろうと想定される個所に再利用できるテープを埋め込んだりと調整しながら加工しています。
磁石も取り外しできるようにしています・・・なぜなら手帳ケースが海外で作られる際、ロットにより送られてくる手帳に埋め込まれた磁石がS極、N極が逆で入荷することがある対策です。

製作実績

ミマキエンジニアリング社
UJF-3042
UJF-6042
UJF-7151
ローランドDG社
LEF-12
LEF-20、LEF-200
LEF-300

そのほかプリンタメーカー社製

関連商品

  1. えんぴつ治具

    鉛筆の形状六角形の溝で切削しています。無雑作に溝へ鉛筆を転がしても印刷面(平面)が上にきます。A3サイズの印刷面で70本以上の面付が可能です。

  2. ゴルフボール治具

    直径42.67ミリの球体ですが、ゴルフボール治具の形状は様々なあります。 プリント面は約φ20、ひっくり返せば反対面にもプリントができます。

  3. 治具搬送装置(ジグオートチェンジャー)

    少しの時間、お昼の休みの休憩時間でも担当者は休めてプリンタは稼働させたいという声から製作された自動治具搬送装置です。マガジンパレットに色んな商材の治具を積んでおけば、自動で治具を交換し、次のプリントを始めます。省スペースのローダー・アンローダーです。

  4. スタンプ治具

    お名前はんこは幼稚園の入園には欠かせないアイテムになりました。1ブロックに何種類かのスタンプを並べてプリントします。印刷範囲に合わせてブロックを並べます。

  5. アイプリントジグ スマートフォンケース側面印刷治具

    アイプリントジグは、

  6. 汎用ベース治具(ピン治具)

    汎用ベース治具をプリンター本体に取付固定。ピン穴が10mmピッチ(千鳥)で開いているので、必要な場所に付属のピンを立てればどんな形状の物にでも柔軟に対応できます。また付属のピン(φ6)を使えば、オプション治具の脱着が安易に行えます。

ページ上部へ戻る