ボールペン治具

ボールペンの種類が多すぎて!

ボールペンの形状は様々、2色と4色で太さが違ったり、クリップの太さも違ってきます。
製作の仕方で、御社が扱うボールペン全種類がひとつの治具に面付けできるかもしれません。

 

ボールペンの仕分け作業

ボールペン用治具の製作は、ジグメイクの治具でベスト3に入る実績製作台数です。
1社様あたり平均して製作用サンプルとして送られてくるボールペンは平均10種類から20種類が送られてきます。2色ペンや4色、ライトが付いてるボールペンまで様々です。これらのボールペンを3グループに分けていきます。
グループ分けするのは、ジグメイクボールペン仕分け治具です、、、

仕分け治具で、クリップの水平角度が合う溝幅などを確認していき、なるべく少ないグループに分けていきます。

 

効率の良い治具製作

印刷範囲全面に治具を作るのか、それとも分割させて作るのがいいのか。
大きければ重量が重くなりオペレーションがわるくなる。また長手方向に作ると治具素材によりソリがでてしまうなど、対策を考えながらボールペン治具を製作しています。

関連商品

  1. スマートフォン手帳ケース治具

    手帳ケースの形も依頼により様々です。ハードケースが付いているもの付いていないもの、印刷面が浮いているとデザインがボケてしまったりするだけでなく、プリンタのヘッド擦れでインクが詰まってしまいます。

  2. アイプリントジグ スマートフォンケース側面印刷治具

    アイプリントジグは、

  3. くるっと装位置

    くるっと装位置は、印材などの小径に360度プリントする装置です。回転治具と違い並列縦列に並べることができるので量産でプリントするときには十分に対応ができます。

  4. ボトル回転治具

    タンブラーやワインボトルなど円柱形状にプリントできる回転治具です。今まで上から下へのロゴ印刷が、全面にプリントが可能になります。

  5. 治具搬送装置(ジグオートチェンジャー)

    少しの時間、お昼の休みの休憩時間でも担当者は休めてプリンタは稼働させたいという声から製作された自動治具搬送装置です。マガジンパレットに色んな商材の治具を積んでおけば、自動で治具を交換し、次のプリントを始めます。省スペースのローダー・アンローダーです。

  6. 汎用ベース治具(ピン治具)

    汎用ベース治具をプリンター本体に取付固定。ピン穴が10mmピッチ(千鳥)で開いているので、必要な場所に付属のピンを立てればどんな形状の物にでも柔軟に対応できます。また付属のピン(φ6)を使えば、オプション治具の脱着が安易に行えます。

ページ上部へ戻る