大判インクジェットプリンタのメディア押さえプレート(クランプ)

大判インクジェットプリンタのメディア押さえプレート(クランプ)

UV硬化インク搭載で、塩ビ、ターポリン、布や、受理層が無い紙、PETフィルムといったメディアにもプリントが可能。屋外から内装まで幅広く使われている 大判インクジェットプリンタ 。しかし、近頃ではそれ以外の用途や変わったメディアにも印刷を施し新たな業界へ挑戦しようとするユーザー様もたくさん居ることでしょう。

そんな新たな変則メディアに印刷しようとしているユーザーから相談を頂きました。ロールタイプのインクジェットプリンターで厚み(2mmほど)のある合皮メディア(ロール)に印刷したい、、、でも1mほどのところからメディアが少しづつ歪んでいくため、その都度補正するので誰がついていないと、、、お困りです!

 

 

 

メディア押さえプレートの特徴!

「メディア押さえプレート」のメディアを押さえる部分は、バネ材でできているので厚みや撓みに追従して
メディアを押さえながらスムーズな印刷を補助していきます。
実際の使用実績メディアは、カバンや財布を制作する合皮ロール、絵を描くキャンバス(帆布ロール)などのメディアに使われています。

メディア押さえプレートが使えるプリンタ

ミマキエンジニアリング社製
UCJV300、UCJV330、JV330、JV100、CJV150、JV150

 

 

関連商品

  1. アイプリントジグ スマートフォンケース側面印刷治具

    アイプリントジグは、

  2. 治具搬送装置(ジグオートチェンジャー)

    少しの時間、お昼の休みの休憩時間でも担当者は休めてプリンタは稼働させたいという声から製作された自動治具搬送装置です。マガジンパレットに色んな商材の治具を積んでおけば、自動で治具を交換し、次のプリントを始めます。省スペースのローダー・アンローダーです。

  3. ボトル回転治具

    タンブラーやワインボトルなど円柱形状にプリントできる回転治具です。今まで上から下へのロゴ印刷が、全面にプリントが可能になります。

  4. くるっと装位置

    くるっと装位置は、印材などの小径に360度プリントする装置です。回転治具と違い並列縦列に並べることができるので量産でプリントするときには十分に対応ができます。

  5. スマートフォンハードケース治具

    種類が多いスマートフォンハードケース!側面にミストインクが付着しないような仕組みやコスト削減のため樹脂ベースにアクリルで位置決めするなど様々な治具を製作しています。

  6. 汎用ベース治具(ピン治具)

    汎用ベース治具をプリンター本体に取付固定。ピン穴が10mmピッチ(千鳥)で開いているので、必要な場所に付属のピンを立てればどんな形状の物にでも柔軟に対応できます。また付属のピン(φ6)を使えば、オプション治具の脱着が安易に行えます。

ページ上部へ戻る